03-6416-3903

平日10:00〜18:00

CONTACT

最新情報 & コラム

マンガ作成の準備から完成までの流れ

ALLNEWSマーケティング

マンガ制作を依頼することになったけれど、具体的にどんな準備をすればいいのかいまいちよく分からない。
マンガ制作っていったいどのようにして進めていくのだろう?

今回はマンガ制作における準備から納品までの流れを、順を追ってお伝えします。

目的の設定

これから制作するマンガをユーザーたちに何を「一番伝えたいこと」という明確な目的を決めてください。
これを明確にすることがマンガ制作をする上では最も重要と言っても過言ではありません。

もし、この目的が明確でないと、ユーザーはストーリーに共感出来なかったり、あまり印象に残らなかったりという結果となってしまいます。

また、実は制作にも影響します。何を伝えるかがはっきりとしていない為、修正も多くなり、スケジュールにも影響してしまうこともあります。

掲載する媒体を決める

「一番伝えたいこと」を決めたら、次に掲載する媒体を決めましょう。
LP用、コンテンツ用、SNS用、社内報用など企業によって掲載する目的や用途によって様々です。
スマホでの閲覧のみを目的とする場合は縦割りマンガ形式が適しているので、制作会社とその点は事前に打ち合わせをしておくことをお勧めします。

こちらの記事も参考になるのでご覧ください。
→「マンガを使った販促実用例を媒体別に紹介

ストーリー作成(起承転結)

ストーリー作成で起承転結を起用するメリットは、作成のしやすさと、場面展開が分かりやすく、ユーザーにも理解しやすいという点です。

「起」

物語の導入部分で、「こういった内容で話が展開します」という役割をもっています。いきなり誰とも知れない主人公が登場し、話が展開するのではユーザーがついていけません。

「これは○○というマンガで△△という主人公を軸に、こんな話が展開していきますよ」といった自己紹介をしてユーザーの心を引き付けるようにしてください。

「承」

「起」の前置きの話を発展させるフェーズです。ストーリーに引き込むための場面を入れたり、後の話の伏線となるキャラクター登場させたりと、マンガの面白さを膨らませるための工夫が可能な部分です。

「転」

文字通り、ストーリーの展開がこの場面で大きく変わります。例えば順調に進んでいたプロジェクトが、突然に大きな問題に直面し行き先が不透明になるなどのベタな流れや、ユーザーの予想をしない展開に発展するなど、「続きが気になる」工夫を盛り込ませ、場面を大きく変化させ面白さや興味を引くのがこの部分です。

「結」

今まで展開してきた「起」「承」「転」を取りまとめます。この場面は端的にまとめて締めくくるのがポイントです。あまり長くなりすぎると、ユーザーとしても「何を伝えたかったのだろう?」と混乱してしまいます。「なるほど、そういうことか」と分かる様にまとめ、ユーザーの印象に残りやすくなります。

マンガのタッチを決める

ストーリーが出来上がったら、マンガのタッチを選定します。

「○○のマンガが好きだから○○みたいなのがいい!」という考え方は現実的ではありません。マンガ制作(特に企業用において)はあくまで、ユーザーに読んでもらい、共感してもらう事が目的です。
マンガのタッチを選ぶときは、ユーザーの好みそうなタッチを選択しましょう。

例えば若い女性向けであれば「少女漫画、レディース漫画風」のタッチ、老若男女問わず幅広い層向けであれば「デフォルメタッチ」の様にターゲットのユーザー層によって読まれやすいタッチの傾向があります。
もし、ターゲットの好むタッチが分からないのであれば、ターゲットとなるユーザーが好みそうな、マンガや書籍、雑誌の挿絵などを参考にしてみるとよいかもしれません。

また、企業らしさやエッセンスを加えることで、ストーリーとの相性の良いユーザーの心を引き付けるマンガに仕上げることが出来ます。

プロットを作成する

ここでいうプロットとはマンガ全体を構成するための設計図みたいなものです。
先ほど作成したストーリーを基に、1コマ1コマに分けて、どのように話を展開していくかを構成していきます。

また、ストーリーの軸がぶれないように、英語の5WのWhen(いつ),Where(どこで),Who(誰が),What(何を),Why(なぜ)を意識するために描き出したりすることもあります。
決まった形式はないので、試行錯誤をしながらやりやすい方法で行いましょう。

ネームの作成

プロットをベースに大まかなコマ割りを行います。そのコマでどんなシーンが展開されるのか、どんなセリフを言っているのかがなんとなく分かる程度の「マンガの下書き」です。

ここでコマの大きさや人物の配置を調整し、マンガ全体のレイアウトを決定していきます。
こだわりのシーンを大きく見せたい、キャラクターの配置はこうしたい等の要望は、この時点で伝えるようにすることをお勧めします。

現在ではデジタルで作成される漫画家さんが増えていますが、この部分は手書きの方が早かったりもするので、手書きのものを確認することもあります。

ラフの作成

ネームが完成したら次にラフの作成をします。ラフは実際にペン入れをする前の下書きというイメージです。ネームでは明確にしなかった人物の表情や、背景、洋服のディテールなど、細かい部分を書き込み、コマの全体像が描かれていきます。

ペン入れ

ペン入れとは、ラフで書いた線の上をなぞり、マンガを仕上げる工程のひとつです。マンガ家にとってはとても緊張する工程です。
アナログで書く場合は、修正が難しく、間違って引いてしまった線を修正するのは非常に大変な作業です。

デジタルだと容易に修正できるというイメージがあるかもしれませんが、ペン入れをした後の大幅な修正は難しいため、修正はラフまでの段階で完了するようにしましょう。

着色

着色では、実際にマンガに色を入れたり、テクスチャを加えたりし、最終的な全体の調整をしてマンガを完成させる工程です。
モノクロでも十分内容は伝わりますが、やはり着色をすることで、より迫力と臨場感のある絵になります。

この工程が完了したらマンガが完成して納品となります。

まとめ

マンガ制作において重要なのは、「一番伝えたいこと」を分りやすくユーザーに伝えることです。
起承転結に沿ったストーリー作成とターゲットに合ったマンガのタッチ選ぶことで、効果的なマンガになります。

マンガ制作をする際には、是非こちらの記事を参考に制作してみてください。