TOPICSトピックス

ROIとROASの違い

2017-02-27

ROIとROASの違い

GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告など広告運用において、ビジネス全体が成功をしているのか不安になることは多々あるかと思います。
その際に用いる指標としてROIとROASがあるのですが、この違いをしっかりと理解することで、成果を可視化することが可能となります。
そのため今回、似ているようで意味が全く異なるROIとROASについての説明をします。

 

ROIは投資効果を利益ベースで示す

ROIは投資対効果の意味で、Return On Investmentの頭文字を取った略語です。
投資したコストに対してどの程度の利益を得られたのかを示すことが出来ます。ROIが高ければ高い程、その投資効果が高いと言えるのです。

計算式は、
ROI=(コンバージョン×平均利益単価-コスト)÷コスト×100(%)
で算出することが出来ます。

例えば、広告費用であるコストに10万円投資し、平均利益単価2000円の商品を200個売ったと仮定します。(売上40万円)

これを公式に当て嵌めると、(200個×2000円-10万)÷10万×100=300%なので、ROIは300%となります。
1円のコストに対して、3円の利益が出ていることになります。
ちなみに、ROIが100%以下の場合、利益がマイナスになっているということになります。

 

ROASは広告費用の回収率を示す

ROASは投資した広告費用の回収率が、利益の何倍になったかを示し、Return On Advertising Spendの頭文字を取った略語です。
ROASが高ければ高い程、広告の費用対効果が高いと言えるのです。

具体的には、広告費1円あたりの売上額を示しこの値がどれだけ高いかによって、効果的な広告運用が出来たことを可視化出来ます。

計算式は、
ROAS=売上÷コスト×100(%)
で算出することが出来ます。

例えば、広告費用であるコストに10万円投資し、これによる売上が20万だった場合、広告費1円あたり2円の売上があったと分かります。

 

ビジネス全体を可視化する

ROIとROASを算出することが出来たら、ビジネス全体を可視化することが出来ます。
ここから算出した結果、ROASは1円以上でもROIが1円未満の場合は利益としてはマイナスであるため、ビジネスとして成功していないことになるのです。
このように両方の指標と照らし合わせることで、ビジネスが成功しているかが一目瞭然となります。


現在では、ディスプレイ広告のサービスでも複数のコンバージョンダグが発行できるようになっています。
そのため広告、ページ毎にコンバージョンが測定できますので、ROAS、ROIをしっかりと確認し、改善できる所は積極的に改善を試みるようにしたいところです。
ビジネス全体を可視化することで、成功するビジネスへの転換を行うことも可能となるでしょう。

  • facebook
  • twitter