TOPICSトピックス

効果的なリスティング広告の広告文の作成方法

2017-02-02

効果的なリスティング広告の広告文作成方法

リスティング広告は低予算から始められ、短期間で結果が見えるため、興味を持たれている方も少なくないと思います。
すでに、リスティング広告を運用しているが、広告文の作成に悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか?
今回、リスティングの効果的な広告文の作成をするための5つのテクニックを紹介をします。

 

閲覧してくれたユーザの興味を引く広告見出し

リスティング広告で重要なことは、閲覧してくれたユーザに興味を持ってもらうような広告見出しをつけることです。
そのためにはまず、ターゲットユーザーが検索するキーワードを想定し、クリックしたくなるようなしてもらえるような広告見出しにすることが大切です。

 

CRT(クリック率)を上げるためのリスティング広告文作成

CRT(クリック率)を上げるために、A/Bテストで実験を繰り返すことが大切です。
広告文は複数登録することが出来ますので、各広告に複数の広告文を登録し効果的な方を選択すると良いです。
このような地道な作業を繰り返していくことで、精度の高い広告文となり確実にCRTは改善できます。

 

ユーザ心理に働きかけるリスティング広告文作成

具体的なメリットや信憑性の高い数字を使用して、ユーザ心理に働き掛ることが重要です。
人はメリットや数字を好む習性があります。
例えばメリットで言えば、自社の商品やサービスがどれだけ、競合他社に勝っているかのアピールをわかり易くしたり、
また直感的に、○○のキャンペーン中というようにクリックした先で何が出来るのかを簡単に伝えられるようにすると効果的です。

 

キーワードで安心感を与えるリスティング広告文

検索クエリと一致したキーワードは太文字で表示されます。ですのでキーワードは広告文の中に含めるとCRT(クリック率)のアップが期待できます。
ユーザが検索したキーワードに対して、そのキーワードが含まれている広告があると安心感を与えます。
まさに探している情報がありますというアピールになるのです。また広告文との関連性は品質スコアや品質インデックスにも影響します。
また、キーワードはなるべく前方に配置すると好ましいです。

 

ターゲットを絞り込んだリスティング広告文作成

ターゲットを絞り込むことで、ユーザーから見ると、「自分のための広告だ」という感情を抱かせます。
基本的にユーザは明確な目的を持っていますので、目的に合致したユーザとはwinwinの関係になることが可能です。
このテクニックはターゲットを絞ることでCRT(クリック率)は高くなる傾向にありますが、その反面、母数が少なくなるという欠点がありますので、広告文の数とバランスで補うと良いです。

 


リスティング広告文の作成には模範解答的な正解はありません。PDCAをスピーディーに回し、精度の高い広告を作成することが重要です。
これからリスティング広告をはじめるという方は、今回紹介したテクニックをぜひ参考になさってください。。
また運用中の方で今回、紹介したテクニックの実施が出来ていないものがあれば、試してみる価値は十分にあります。
試しているけど効果がイマイチの場合は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

  • facebook
  • twitter