TOPICSトピックス

ディスプレイ広告を効果的に始める

2017-01-27

ディスプレイ広告を効果的に始める

 

現在、Web上に表示される広告には様々な種類が存在します。
この中でもディスプレイ広告は、Web広告の中でも、最も初期から存在する広告フォーマットとなりますが、その特性を理解することでとても良い広告展開を行っていくことができます。
今回はディスプレイ広告を効果的に始めるにあたっての方法についての紹介を致します。

 

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告は、リスティング広告と並び、ウェブマーケティングには欠かすことの出来ない広告となります。
元々、サイト上にある広告枠に対してテキストやバナーを掲載することが出来るといった広告でしたが、最近では画像、動画といった視覚でのアプローチが出来ることから活用範囲がとても広くなっています。
リスティング広告と比較すると、リスティング広告は今すぐの客を集客するのに優れていますが、ディスプレイ広告は、潜在顧客にアプローチが出来るといった魅力がある広告です。
具体的にはリスティング広告は今ユーザーが検索しているキーワードに対して、広告を行うものであるため、ニーズに合致した成果に結びつきます。
しかしディスプレイ広告は、ユーザーが閲覧しているサイトでアプローチが出来るためコンバージョンこそ少ないものとなりますが、リスティング広告では接触が難しいユーザーに接触が出来るのです。

広告の画像、動画といった視覚でのアプローチが出来ることから活用範囲がとても広くなっています。

 

ディスプレイ広告の種類

ディスプレイ広告は大きく分けると二つの種類が存在します。顕在層向けと潜在層向けの二種類です。
顕在層向けには、リターゲティング広告と言われる広告があります。
これは一度でもサイトを訪れてくれたユーザに対してリストを生成し、リスト別に広告を配信する広告です。
潜在層向けには、サイト内にあるもしくはサイトが持っているコンテンツに対してターゲティングを行ったり、ユーザーの興味心をターゲティングする方法があります。
またディスプレイ広告には様々なフォーマットが存在し、テキスト広告、バナー広告、動画広告があります。

 

ディスプレイ広告を始めるなら

これからディスプレイ広告を始める人には、見込み客をアプローチできるリターゲティング広告がお勧めです。
この理由は、ユーザーがコンバージョンせずにサイトを移動してしまったとしても、そのユーザーを追跡し、サイト移動先で広告を表示することが可能となるからです。
その特性から、見込み客に対して効率的にアプローチが出来るのです。
またこのユーザー追跡機能を利用して、年齢層、性別、地域の分析を行うことも可能となりますので、コンテンツターゲットやカテゴリ別に絞った掲載を行うことも可能となります。
自社製品が多くあるのであれば、コンバージョンしたユーザに対して別商品の広告を表示し、販売促進を行っても良い方法です。
またテキスト広告だけでも、充分な結果が出るはずなので、まずはテキスト広告だけでも始めてみると良いと考えます。

コンバージョンしたユーザに対して別商品の広告を表示し、販売促進を行っても良い方法です。

 

ディスプレイ広告は、リスティング広告ではアプローチ出来ないユーザーへの接触が可能となります。
その特性から、リスティング広告と併用することで、Webプロモーションの成果を最大限に発揮することが出来ると考えられます。
そのため、まずはリターゲティング広告で見込み客を獲得してからその後に潜在客に広げることで、成果が最大限に発揮できると考えます。

 

  • facebook
  • twitter