LANDING PAGEランディングページ制作

ランディングページが必要な理由

ランディングページとは、ユーザーが最初に訪れるページのことで、インターネット広告(GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告など)のリンク先の縦長専用ページのことです。
なぜ、ウェブサイトのページではなく、専用のランディングページを設けるのでしょうか?その理由は、各リスティング広告別に、ユーザーニーズに合わせて、最適な情報を提供することができます。そのため、コンバージョンが高くなります。

一般的なウェブサイトでは、多くのユーザーにわかりやすくサービスや製品を紹介するように作られています。逆を言えば、より絞り込んだユーザーに向けたページになっていません。ランディングページを作成することで、絞り込んだユーザーニーズに対して、ダイレクトにほしい情報を提供できます。

コンバージョンを最大化するためには、ランディングページの制作をお勧めします。

LPOとは?

LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、ランディングページの最適化のことです。ユーザーが最初に見るページで「これが見たいページだ」と思わせることが重要です。
LPOの手順は、下記となります。

1)目標数値の設定(CVR・CTR・直帰率)

  • CVR(コンバージョンレート)
  • CTR(クリック率)
  • 直帰率
  • 月間売上目標
  • 月間アクセス数

などの数値が目標数値に設定されます。

2)目標数値を改善するため、ページ内容を特定しABテストを行う。

ランディングページを構成する要素を検証して、数値目標を達成するための改善策を検討する。要素の例としては、

  • キャッチコピー
  • ボタンの色やボタン内テキスト
  • ボタン・画像の配置
  • イメージ画像・写真などのデザイン
  • お客様事例・お客様の声の内容
  • 入力フォーム

3)効果測定を行い、効果が出なかった個所を再度検討。1)の目標数値設定に戻り繰り返す。

2)で改善後に効果が出た修正はそのままに、他の要素の改善を繰り返してランディングページの最適化を行っていきます。
目標数値が1回の改善で20%改善された場合、改善を4回繰り返すことで目標数値2倍になります。

ランディングページの構成パターン

キャッチコピー

共 感

オファー

ベネフィット

お客様の声

差別化

アクション

ユーザーが「これわかる!」「そうそう!」と納得するような悩みや課題を的確に表現します。 動きを加えるとより強調されます。ページ導入部ですので、一気にページに引き込む内容です。

ユーザーに気持ちを代弁して、まさに共感を得る部分です。ターゲットユーザーの十分な検討が必要です。

オファー(商品提示)、デザインする側の腕の見せ所です。また、商品・サービスを十分理解することで大きな差が出てきます。

商品・サービスがユーザーにもたらすベネフィットを説明していきます。
ユーザーが購入後に、どのようないいことがあるかをどれだけリアルにイメージさせるかが重要です。

一人で決めるのは、なんとなく勇気が必要ですよね。そこで、他の人の声を入れることで安心します。 また、第3者や著名な人に意見なども効果的です。

競合他社との比較です。優位性をうまくPRすることで、コンバージョン率が飛躍的に向上します。

お申込みやお問合わせ部分。大き目なフォントでわかりやすく目立つデザインとなります。

WORKSランディングページ制作事例

株式会社ホリハマ ランディングページ

株式会社ホリハマランディングページHORIHAMA CO., LTD Landing page 横浜市に本社を置く、株式会社ホリハマ様のラン...

詳しくはこちら

next

株式会社バロックスランディングページ

株式会社バロックスランディングページValox CO., LTD Landing page オリーブオイルメーカー バロックス様のランディン...

詳しくはこちら

next

株式会社バロックスランディングページ(ギフト用)

株式会社バロックスランディングページ(ギフト用)Valox CO., LTD Landing page オリーブオイルメーカー バロックス様...

詳しくはこちら

next